制作ニュース

文化行政の職務者対象プログラム、6月より開講

19.04/30

文化行政に携わる職務者を対象、「エグゼクティブ・プログラム」6月より開講

文化行政に携わる在職者を対象とした「CPM-エグゼクティブ・プログラム(CPM-EP)」(一般社団法人文化政策経営人材研究所および特定非営利活動法人Explat)を6月より開講する。講義コースは「アートマネジメント基礎」「芸術文化政策基礎」の2科目(各講義とも全5回)で、並行して学ぶことを想定しているが、どちらかのみの受講、あるいは2年間にわけて両科目を学ぶことも可能。費用は、2科目受講は40,000円、1科目のみの受講は23,000円。会場はあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター/東京都豊島区)ほか。

関連サイト⇒CPM-エグゼクティブ・プログラム(CPM-EP)~2019年6月から2020年3月にかけて開講します~

「CPM-EP」は文化政策経営人材研究所のコアプログラムで、大学院修士課程レベルの講義、演習を通じ、受講者が各自のテーマにもとづく研究を行い、対外発表までを行う。「アートマネジメント基礎」講義(初回6月8日)、「芸術文化政策基礎」講義(初回7月13日)を経て、10月から2020年3月に「演習コース」の開講を予定している。なお、演習コースを受講するには、2科目の受講を終了していることが条件。

10月には公開セミナー「働き方改革とアートマネジメント(仮題)」も予定しており、講義受講者は公開セミナーに無料で参加できる。


ピックアップ記事

ニュース用未選択
9月開催「パルTAMAフェス」出演者決定

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


2020春正社員募集のお知らせ