制作ニュース

当事者たちのQSC(2)[主催者の視点から]

19.03/15

,

審査員の組み合わせは毎回替えています

永滝 審査員の人数が増えたのは何回目からでしたっけ?
森脇 初期は3名で、3回目から4名です。1人の投票が全体の順位に与える影響を調整するため、演劇関係者に寄りすぎないよう考慮して、映像関係者にも入っていただいて。
園田 審査員選定会議は毎年白熱しましたね。よく候補に挙がったのは、サブカル系文化人とか、漫画家とか、アイドルとか。
森脇 ありましたねぇ。
糸永 候補者を好き勝手挙げている時は楽しい。
森脇 (第4回で審査員を務めた)野宮真貴さんを公表した時は反響がありましたよ。でも、審査員の組み合わせは毎回替えています。
永滝 鴻上(尚史)さんはずっと参加してくださって。
糸永 鴻上さんは、みんなが聞いて納得できる評価をしてくれるので、6回連続で関わってくれたし、審査の軸になってくれました。そこへ多様な評価が加わるから、それが面白かった。
永滝 第3回で初めて授賞式を開催した時、会場にいらした鴻上さんが、若い人達と熱心に話し込んでいたのは印象的でしたね。

場所と時間を提供するだけでこんなに盛り上がるとは

糸永 懇親会を開いた3回目は大きな転換期だったけれど、それ以降同じ形を続けてしまったことは、残念と言えば残念。拡大するとか、別の形にするとか、更なるブラッシュアップもあり得たかな。ただあれ自体が楽しいから続けたくなっちゃった。
永滝 でも、続けたことで授賞式に全国各地から駆けつけてくれる率も上がっていきました。
園田 佐賀のいかっこ、北海道のプラズマダイバーズ、京都の中野劇団、大阪のティーニィ・ウィーニィ(short drama unit teeny-weeny)……。
糸永 初対面だから話が弾まないのでは? と、運営側は勝手にドキドキしたけれど、みんな楽しそうに交流してくれた。ネット上で競い合うだけでなく、場所と時間を提供するだけでこんなにコミュニケーションが盛り上がるとは。我々もすごく新鮮でした。

第3回クォータースターコンテスト 授賞式

ページ: 1 2 3 4 5 6


ピックアップ記事

公募
こまばアゴラ劇場 来年春夏の劇場使用カンパニー募集

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ