制作ニュース

キラリふじみ、芸術監督を公募

18.06/15

キラリふじみ、多田淳之介の後任となる芸術監督を公募

富士見市民文化会館 キラリふじみ(埼玉県富士見市)では、芸術監督の公募を行っている。多田淳之介(東京デスロック)が9年間に渡って務めてきたが、後進に座を譲るべく、その座を降りることとなった。応募締め切りは7月18日(水) 。

関連サイト⇒富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督公募要項

契約任期は3年。年齢や国籍は不問で、演出家、プロデューサーなど演劇関係の実務経験が5年以上あることが応募資格となる。業務内容は演劇自主事業の年間プログラムや主催事業プログラムの広報宣伝活動、ワークショップなどアウトリーチ活動などに対する指導や助言。報酬は月額15万円となる(税・交通費込)。

【こちらもチェック!】
◆富士見市民文化会館 キラリふじみ 公式サイト


【関連記事】

ピックアップ記事

公募
「短編演劇」フェスの参加団体/戯曲募集-神奈川

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ