制作ニュース

APAF2018「国際共同ワークショップ」参加者募集

18.05/29

APAF2018「国際共同ワークショップ」参加者(演出家・出演者)募集

10月29日~11月12日に行われる「東京芸術祭 APAF-アジア舞台芸術人材育成部門2018」では、 アジアのアーティストと共にワークショップを重ね、その成果としての上演会を行う「国際共同ワークショップ」の日本在住の参加者(演出家1名・出演者6名程度)を募集している。演劇以外のジャンルからも応募可能だ。応募締切は6/20(水)。

関連サイト⇒APAF2018 国際共同ワークショップ参加者(演出家・出演者)募集オーディション

「APAF」は2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年から東京芸術祭の1部門となった人材育成のプログラム。10年間プロデューサーを務めた宮城聰に代わり、2018年から新たにディレクターとして多田淳之介が就任した。

「国際共同制作ワークショップ」は、アジア各国からの参加者が3チームに分かれ、1つのテーマのもとに約10日間のワークショップを経て15分程度のオリジナル小作品を上演するもの。今年は「Violent」をテーマに、「暴力なるものとの関係」を見つめる創作を行う。

なお、作品上演のような最終成果物を目指すのではなく、幅広いセクションの人材、活動を育成するプログラム「APAF2018 アートキャンプ」も、参加者を募集中だ。

【こちらもチェック!】
◆東京芸術祭2018 今秋 開催ラインアップを発表(PDF)


ピックアップ記事

公募
急な坂スタジオ 新規サポートアーティスト募集

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ