制作ニュース

越後妻有アートトリエンナーレ「あざみひら演劇祭」

18.02/09

越後妻有アートトリエンナーレ「あざみひら演劇祭」滞在制作団体募集

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の一環として、新潟県十日町市莇平(あざみひら)という集落で行われる「あざみひら演劇祭」。2018年の開催に向けて、滞在制作を行う参加団体を募集している。会期は8月15日(水)、応募締切は2月18日(日)。

関連サイト⇒【公募】大地の芸術祭2018「明後日新聞社文化事業部」「あざみひら演劇祭」滞在制作団体公募

滞在日程は5月1日(火)~8月13日(月)のうち、合計7日間以上。制作費補助(1団体上限30万円)、集落での宿泊所・稽古場・公演会場の提供などが受けられる。

<莇平集落について>(サイトより抜粋)
莇平は、山の中の南向きの山肌にある集落。斜面にある村なので村の道は皆坂道。棚田の田畑があり、美味しいお米が収穫できる。現在世帯数は約 20 軒、人口は 100 人に満たない。どの家にも屋号(家の名前)があり、村の人たちは互いを屋号で呼び合う。冬は雪深く、屋根や道の雪かきが日常の作業になる。雪解けの水が苗植えの水田の用水になる。その清水が流れる小川に吹く風は夏でも涼しい。婦人協力隊、老人会、花の会などの集まりがあり、道普請という集まりではみんなで草むしりをしたりする。「茶もっこ」というのは、お茶をしながらお喋りすること。みんなこの地域の言葉での会話の時間を大事にしている。平均年齢は 70 歳くらい。しかし最近、子供が 3 人生まれ 69 歳くらいになりました。

【関連記事】

ピックアップ記事

公募
“身一つ”で参加可能 「こまばアゴラ演出家コンクール」

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ