制作ニュース

出口明・大田雄史が受賞「劇作家協会新人戯曲賞」

17.12/19

出口明・大田雄史『うかうかと終焉 』が受賞 第23回劇作家協会新人戯曲賞

一般社団法人日本劇作家協会は17日、「第23回劇作家協会新人戯曲賞」の最終審査会を座・高円寺にて開催し、出口明氏・大田雄史氏の『うかうかと終焉』を選出した。同作は、出口と大田による社会人演劇ユニット「芝熊(Shiba-kuma)」の旗揚げ作品で、今年7月に中野あくとれで上演された。受賞作には正賞の時計および副賞50万円が贈呈される。

関連リンク⇒ 第23回 劇作家協会新人戯曲賞 

同戯曲賞の今回の応募総数は231本。うち24本が一次選考を通過し、二次選考を経ての最終候補作は5作品だった。最終選考委員は川村毅氏、坂手洋二氏、佃典彦氏、土田英生氏、永井愛氏、マキノノゾミ氏、渡辺えり氏の7名が、また審査会司会を瀬戸山美咲氏が務めた。なお、最終候補作品を全文収録した「優秀新人戯曲集2018」は、最終選考に先立ちブロンズ新社より刊行されている。

■最終候補作 (応募戯曲到着順)
『精神病院つばき荘』 くるみざわしん (大阪府)
『黒いらくだ』    ピンク地底人3号 (京都府)
『アカメ』      八鍬健之介 (東京都)
『下校の時間』    長谷川彩 (愛知県)
『うかうかと終焉』  出口 明、大田雄史 (東京都)

ピックアップ記事

公募
急な坂スタジオ 新規サポートアーティスト募集

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ