制作ニュース

若手芸術家やアートマネジャーらの海外渡航を支援

17.12/07

,

アートマネジャーも対象 文化庁「平成30年度新進芸術家海外研修制度(短期研修・前期)」募集締切は12/15

文化庁は「平成30年度 新進芸術家海外研修制度の短期研修募集(前期)」を行っている。同制度は、若手芸術家やアートマネジャーなどが海外で実践的な研修等に従事できるよう、「渡航費・滞在費」を支援するもの。今回募集している対象研修等期間は平成30年4月1日〜9月30日で、期間は1ヶ月程度(20~40日)。募集締切は12月15日(金)必着。

関連リンク⇒ 平成30年度新進芸術家海外研修制度(短期研修・前期)の募集について

公募の対象は、美術・音楽・舞踊・演劇・舞台美術等の各分野における新進の芸術家、アートマネジメント担当者、学芸員、技術者、プロデューサー、評論家等。「外国での研修に堪えうる語学力を有すること」、「研修先の施設の受入れ保証(受入先が個人である場合を含む)があること」などの条件がある。

【こちらもチェック!】
◆29年度は齋藤啓氏(「鳥の劇場」元制作担当)らを選出、過去の採択者一覧


ピックアップ記事

「第6回クォータースターコンテスト」結果発表

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ