制作ニュース

アメリカ・アジアへの渡航・滞在費などを支援

17.09/28

アメリカ・アジアへの渡航・滞在費などを支援 アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の助成受付開始

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)は、アメリカ・アジア諸国への海外渡航費などを支援する助成プログラムの募集を開始した。2018年6月以降2019年11月末までに渡航/事業がスタートする活動が対象。応募締切は11月10日(金)。

関連リンク⇒2018年度ACC助成申請について

今回の募集は「ニューヨーク・フェローシップ」「個人フェローシップ」の2件。芸術分野等のアーティスト、研究者、専門家を対象とし、渡航費や生活滞在費、調査費などを支援する。尚、どちらも調査、研究、文化的な体験を目的とし、展示や発表、作品制作の助成をするものではない。

■ニューヨーク・フェローシップ(新設)
ニューヨークの6ヶ月滞在を支援するもの。
■個人フェローシップ
1ヶ月から6ヶ月の範囲で行う個人調査滞在への支援プログラム

<個人助成・過去の採択例>
・岩城京子(演劇/6ヶ月):米国における演劇において、どのように「他者」の声が表象されてきたのかを調査(2017年採択)。
・北村明子(ダンス/3ヶ月):カンボジア、ミャンマー、インドにおける伝統舞踊ならびに武術の調査(2015年採択)

 
【こちらもチェック!】
◆ ACC 日本関連プログラム 過去採択一覧


ピックアップ記事

ニュース用未選択
稽古場が連携して行う舞台芸術祭ー福岡市

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ