制作ニュース

文化庁「平成28年度芸術選奨受賞者」発表

17.03/13

橋爪功、近藤良平、衛紀生ら受賞、文化庁「平成28年度芸術選奨受賞者」発表

文化庁は8日、平成28年度(第67回)「芸術選奨文部科学大臣賞」および「同新人賞」の受賞者を発表。演劇部門では、金剛永謹氏(能楽師)と橋爪功氏(俳優)が大臣賞を、浦井健治氏(俳優)が新人賞を受賞した。贈呈式は14日(火)に都内ホテルで行われ、大臣賞には30万円、新人賞には20万円の賞金が贈られる。

関連リンク⇒ 平成28年度(第67回)芸術選奨受賞者一覧(および各賞受賞理由一覧/PDF)

同賞は芸術各分野で優れた業績を挙げた個人へ贈られるもので、演劇・映画・音楽・舞踊・文学・美術・放送・大衆芸能・芸術振興・評論等・メディア芸術の11部門にて実施。他に舞踊部門では近藤良平氏、放送部門では宮藤官九郎氏、芸術振興部門では可児市文化創造センターala館長の衛紀生氏が、それぞれ大臣賞を受賞している。

<受賞者一覧より>※敬称略
【演劇部門】
・大臣賞:金剛永謹(『鞍馬天狗』ほかの成果)
・大臣賞:橋爪功(『景清』における演技)
・新人賞:浦井健治(『ヘンリー四世』ほかにおける演技)

【舞踊部門】
・大臣賞:近藤良平(コンドルズ20周年記念『20th Century Boy』ほかの成果)
・新人賞:米沢唯(『ロメオとジュリエット』ほかの成果)

【芸術振興部門】
・大臣賞:衛紀生(『私のあしながおじさんプロジェクト』ほかの成果)
・新人賞:猪子寿之(『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング-Infinity』ほかの成果)



ピックアップ記事

採択
「下北ウェーブ2018」参加団体決定

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ