制作ニュース

城崎国際アートセンター17年度レジデントアーティスト

17.01/10

きたまり、やなぎみわ、松井周など「城崎国際アートセンター」2017年度レジデント・アーティスト発表

芸術活動のための滞在型創作施設「城崎国際アートセンター」(兵庫県豊岡市)は、2017年度レジデント・アーティストを発表した。応募総数は43件 (8カ国)で、20件が採択された(日本16件、シンガポール1件、オーストラリア1件、イタリア1件、イタリア・フランス1件 ※国名は代表者の国籍による)。

関連リンク⇒ 2017年度アーティスト・イン・レジデンス プログラム決定

採択が決定した事業分野は、演劇7件、ダンス8件、複数分野の共同プロジェクト3件、その他2件。レジデント・アーティストは、同センターのホールやスタジオ、宿泊施設(合計22名まで宿泊可能)を24時間無料で使用できるほか、滞在期間中に試演会やアーティストトーク、一般向けのワークショップ、学校へのアウトリーチなど、無料で参加できる地域交流プログラムを行う(平田オリザ・城崎国際アートセンター芸術監督からのコメントと交流プログラムについてはこちら)。

<採択アーティスト> ※敬称略、国名は代表者の国籍による。
・Camille Panza(演劇/フランス・イタリア)
・Daniel Kok(ダンス・演劇・美術/シンガポール)
・小㞍健太(Opto、ダンス/日本)
・久原鉄秀(その他、舞描/日本)
・きたまり(KIKIKIKIKIKI、ダンス/日本)
・北尾 亘(Baobab、ダンス/日本)
・白井 剛(ダンス・音楽/日本)
・Dario Moretti(テアトロ・ムジーク・インプロヴィーゾ(仮)、演劇・音楽・美術/イタリア)
・NPO法人S.A.I.(演劇・舞台美術/日本)
・マレビトの会(演劇/日本)
・やなぎみわ(演劇/日本)
・村川拓也(演劇/日本)
・Kate Denborough(ダンス/オーストラリア)
・世田谷シルク(演劇/日本)
・NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)(ダンス/日本)
・松井周(演劇/日本)
・横浜市芸術文化振興財団[横浜ダンスコレクション2018「国際ダンス交流プロジェクト」](ダンス/日本)
・根本しゅん平(ダンス/日本)
・神村恵(ダンス/日本)
・田村友一郎(その他/日本)

アーティスト・イン・レジデンス・プログラム一覧はこちら


【あわせて読みたい!】
◆ 「平成28年度アーティスト・イン・レジデンス プログラム選考結果」発表(15.12/01)


ピックアップ記事

公募
世田谷パブリックシアター 「大学生インターン」

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ