制作ニュース

「第51回紀伊國屋演劇賞」受賞結果発表

16.12/17

ケラリーノ・サンドロヴィッチ、詩森ろばらが受賞『第51回紀伊國屋演劇賞』

紀伊國屋書店が主催する「第51回紀伊國屋演劇賞」が16日発表され、団体賞にシーエイティプロデュースが、個人賞に佐藤誓、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、詩森ろば、高田聖子、市川猿之助の5名が選ばれた。団体賞には賞金200万円、個人賞には賞金各50万円が贈られる。

関連リンク⇒ 第五十一回 紀伊國屋演劇賞決定のお知らせ

同演劇賞は、毎年1月から12月までの間、東京で上演される演劇公演を審査の対象としている。審査委員は、大笹吉雄氏、長谷部浩氏、小田島恒志氏、林あまり氏、高井昌史氏(2016年1月現在)。

<受賞一覧>(敬称略)
【団体賞】シーエイティプロデュース
『End of the RAINBOW』『クレシダ』『テイクミーアウト』の優れた舞台成果に対して

【個人賞】
・佐藤誓
風琴工房企画製作『insider』における茂木正彦、タカハ劇団公演『嘘より、甘い』における先生の演技に対して

・ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キューブ企画・製作『ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~』の作・演出、世田谷パブリックシアター+KERA・MAP『キネマと恋人』の台本・演出に対して

・詩森ろば
NPO法人いわてアートサポートセンター主催『残花』、風琴工房企画製作『insider』の作・演出に対して

・高田聖子
月影番外地・サンライズプロモーション東京主催『どどめ雪』における幸子の演技に対して

・市川猿之助
Bunkamuraシアターコクーン公演『元禄港歌 ―千年の恋の森―』における瞽女糸栄、シス・カンパニー公演『エノケソ一代記』における田所(エノケソ)の演技に対して


【こちらもチェック!】
◆ 第50回を記念した特別賞、北村明子に制作者賞 「紀伊國屋演劇賞」発表(15.12/16)


ピックアップ記事

セミナー
アーツカウンシル東京「ハラスメント防止講座」

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!