制作ニュース

グランプリはカンパニーデラシネラ CoRich舞台芸術まつり

16.06/24

グランプリはカンパニーデラシネラ 『CoRich舞台芸術まつり!2016春』結果発表

お薦めステージ紹介ポータル・サイト「CoRich舞台芸術!」は、コンテスト形式のフェスティバル『CoRich舞台芸術まつり!2016春』の受賞作品を、23日に発表した。エントリー109作品(対象期間:3/1~5/31)の中から、グランプリにはカンパニーデラシネラ『椿姫』が選出された。受賞作の再演資金として100万円が贈呈される。

関連リンク⇒ 『CoRich舞台芸術まつり!2016春』結果発表

同フェスティバルは日本全国の舞台芸術団体が応募できる催事として、2007年よりスタート。実演部分だけでなく、公演全体を評価することも特徴の一つ。1年間の休止を経て9回目の開催となった今回は、一次審査(ネット審査)で選出された10作品を、審査員5名が公演を鑑賞し、最終審査会議において各賞を決定した。なお、同フェスティバルの来年度開催決定もあわせて発表されている。

新設となる「制作賞」には、地下空港『音楽劇「赤い竜と土の旅人」』が選出された。国際交流の実績や、高品質の予告編ミュージック・ビデオの製作、クラウドファンデイングにより本番のUstream生中継(英語字幕付き・無料)を実現したこと、スムーズな当日運営・物販対応などが評価された。

<審査について>(サイトより一部抜粋)
グランプリ候補の2作品は、片方は芸術性が高く、もう一方はエンターテイメント性が高いという違いがありました。ジャンルや主宰のキャリア、将来性など、それぞれの持ち味があり、どちらがグランプリに相応しいかという議論は最後までまとまらず、最終的には多数決という形でグランプリを決定し、次点を準グランプリとしました。

corich

 
<受賞一覧>
■グランプリ:カンパニーデラシネラ『椿姫』
■準グランプリ:舞台芸術集団 地下空港『音楽劇「赤い竜と土の旅人」』
■優秀演技賞(※最優秀演技賞は該当者なし)
・大熊隆太郎(壱劇屋『SQUARE AREA』出演)
・小林エレキ(yhs『しんじゃうおへや』出演)
・永井幸子(ブルドッキングヘッドロック『スケベの話~オトナのおもちゃ編~』出演)
・野坂弘(カンパニーデラシネラ『椿姫』出演)
・三澤さき((劇)ヤリナゲ『緑茶すずしい太郎の冒険』出演)
■制作賞:舞台芸術集団 地下空港『音楽劇「赤い竜と土の旅人」』
■最多クチコミ賞:壱劇屋『SQUARE AREA』

 
【あわせて読みたい!】
◆1年間の休止を経て再開 コンテスト形式フェスティバル「CoRich舞台芸術まつり!2016春」参加団体募集(16.01/26)


ピックアップ記事

公募
「P新人賞NEXT2024」上演団体募集

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中