制作ニュース

公共ホールのダンス事業を支援、3プログラムから選択

16.05/18

公共ホールのダンス事業を支援 地域創造「平成29年度 公共ホール現代ダンス活性化事業」参加団体募集

一般財団法人地域創造は、公共ホールによるコンテンポラリーダンスを用いた事業を支援する「平成29年度 公共ホール現代ダンス活性化事業」の参加希望団体を募集している。対象は指定管理者を含む地方公共団体。採択団体には、ノウハウを習得する機会の提供および、コーディネーター/アーティストが派遣される。締切は6月3日(金)。

関連リンク⇒ 平成29年度から「公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)」がリニューアルします! ~平成29年度実施団体募集

同事業は、公共ホールに対してコンテンポラリーダンスのアーティストを派遣し、専門家のコーディネーターのサポートのもと、ホールとアーティストが共同で企画した地域交流プログラムや公演を実施するもの。これまでは1週間程度の日程で地域交流プログラムと公演を実施してきたが、平成29年度の募集よりリニューアルされ、以下の3プログラムから選択できるようになった。

◎Aプログラム(地域交流プログラム)
原則として、4日間で学校や福祉施設等でのアウトリーチ、公募型ワークショップを4~5回実施するプログラム

◎Bプログラム(市民参加作品創作プログラム)
原則として、4日間+5日間で市民参加作品を創作し、有料で公演するプログラム。併せて公募型ワークショップを1回実施する。

◎Cプログラム(公演プログラム)
原則として、4日間で登録アーティストのレパートリー作品を有料で公演するプログラム。また、併せて公募型ワークショップを1回実施する


なお、平成29年度の同事業登録アーティストは以下の通り。

鈴木ユキオ/田畑真希/田村一行/東野祥子/赤丸急上昇[赤松美智代+丸山陽子]/セレノグラフィカ[隅地茉歩+阿比留修一]

 

【あわせて読みたい!】
◆公共ホールのツアー公演を支援 地域創造「平成29年度 公共ホール演劇ネットワーク事業」参加団体募集(16.05/18)

【こちらもチェック!】
◆コーディネータおよび、今年度事業予定、昨年度実績の一覧|地域創造
◆募集要項、提出書類の様式など|地域創造


ピックアップ記事

採択
「下北ウェーブ2018」参加団体決定

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ