制作ニュース

日本芸術文化振興会「平成28年度の助成対象活動」

16.03/31

,

日本芸術文化振興会が平成28年度の助成対象活動を発表

独立行政法人日本芸術文化振興会は、平成28年度の助成対象活動を発表した。芸術文化振興基金による助成、および文化芸術振興費補助金(文化庁)による「舞台芸術創造活動活性化事業」(旧「トップレベルの舞台芸術創造事業」)の2プログラム。

関連リンク⇒ 平成28年度芸術文化振興基金及び文化芸術振興費補助金による助成対象活動が決定しました。

各プログラムの採択状況は以下の通り。

芸文基金
◇対象団体/舞踊
・アンサンブル・ゾネ「霧の中の足元」(約110万円)
・笠井瑞丈振付ダンス公演「世界の終わり」(約65万円)
・東京ELECTROCK STAIRS 新作公演(約77万円)
・プロジェクト大山 秋の新作公演(約60万円) ほか

◇対象団体/演劇
・あやめ十八番 「霓裳羽衣(仮)」 (約120万円)
・iaku「車窓から、世界の」 (約130万円)
・劇団鹿殺し活動15周年「月下の侍」 (約300万円)
・対ゲキだヨ!全員集合(「コトリ会議」53万円) 
・劇団しようよ「こっちを向いて、みどり(グリーングリーン)」(22万円) ほか

 

文化庁補助金
◇年間団体支援/演劇
演劇集団円/オフィス ワン・ツー/青年劇場/劇団青年座/劇団俳優座/ひとみ座/文学座/劇団民藝

◇公演支援/舞踊・演劇
・コンドルズ東京公演(約720万円)
・大駱駝艦・天賦典式公演(約1,290万円)
・ハイバイ「ワレワレのモロモロ 東京編」 (約210万円)
・MONO第44回公演「私はまるで別人」(仮) (約830万円)
・風琴工房「insider」「4センチメートル」(計約1,080万円)
・イキウメ「太陽」(約1,200万円) ほか

 
文化芸術振興費補助金による助成(旧「トップレベルの舞台芸術創造事業」)は、今回の募集より【法人格を有する団体】へ限られることになった。また、「平成28年度 文化庁概算要求の概要」上では当初、演劇分野は「年間活動支援型が17団体、公演事業支援が38件」と記されており、【公演助成から団体助成へのシフト】の方針も垣間見えたが、結果的にはほぼ例年通りの内訳となった。

【あわせて読みたい!】
◇ 増額分野は? 文化庁が来年度予算の概算要求を発表(15.09/04「制作ニュース」)

◇ 日本芸術文化振興会の平成28年助成募集(15.10/05「制作ニュース」)


ピックアップ記事

TALK
「おなかも心も、満たされる」仙台ならではの演劇祭

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ