制作ニュース

『対ゲキだヨ!全員集合』のつくり方

16.03/28

『対ゲキだヨ!全員集合』のつくり方〜異なる地方都市の3劇団が共同製作したら?〜

対ゲキ 画像

 
昨年10月から今年4月頭にかけて、異なる地方都市の3劇団が、同時上演(各40分×3作品)の5都市ツアーを行っています。「短距離男道ミサイル」(仙台)、「オレンヂスタ」(名古屋)、「コトリ会議」(大阪)による『対ゲキだヨ!全員集合』という、若手劇団による共同製作企画です。ツアー最終地の東京公演(4/1~3、こまばアゴラ劇場)を目前に、音楽業界における「対バン」に着想を得たという同企画について、コトリ会議の制作を務める若旦那家康さんにお話を伺いました。(文・構成:芳山徹)

若旦那さん人物紹介画像2

若旦那家康(わかだんな・いえやす)さん

所属する「コトリ会議」での活動を中心に、俳優、制作、舞台監督、音響、照明…と舞台に関わることならなんでもこなす、自称『舞台の隙間産業』。Twitter:@wacadanna
インタビューシリーズ:TALK(15.04/01「制作ニュース」)

 

企画の経緯「ショーケース・イベントが取り持つ縁」

 
-そもそものきっかけは?

若旦那さん人物紹介画像2

2014年の大晦日に、その前の年に私が出演して面白かったので観客で行った、名古屋の年末ショーケース企画『ミソゲキ』(※)の打ち上げパーティの席上で、澤野さん(短距離男道ミサイル)が『来年はここにいるオレンヂスタと一緒にツアーやります!』と言ったのを聞いて、「前座でもいいからコトリ会議も混ぜて!」と絡んだのがきっかけでした。

ミソゲキ:名古屋の小劇場「ナンジャーレ」と演劇情報サイト「名古屋演劇アーカイブ」の共同企画。愛知県内外の参加団体による、1団体20分のショーケース型のイベント

 
-なぜ5都市ツアーに?

若旦那さん人物紹介画像2

『対ゲキ』は、これまで短距離男道ミサイル(以下ミサイル)が、本拠地(せんだい演劇工房10-BOX)で他の劇団をブッキングして行っていたのが元々の企画で、今回が初のツアーとなりました。ミサイルとオレンヂスタが、それぞれの本拠地(仙台・名古屋)と、新潟の「えんとつシアター」で行うことは既に決まっていたところに、コトリ会議も乗っかり、大阪公演も入れてもらって。さらに半ば勢いでこまばアゴラ劇場に申請したら(提携公演として)採択されたので、5都市のツアーが実現したんです。

編マーク

ショーケース企画の『ミソゲキ』には、「ミサイル」「オレンヂスタ」が複数回、若旦那さんが制作を担当する「コトリ会議」「突劇金魚」も過去に参加しています。今回の『対ゲキ』の舞台監督を務めた柴田頼克さんも『ミソゲキ』で舞台監督を担当。また、制作協力として予算管理や広報等に尽力した三坂恵美さん(観劇三昧)も、この数年『ミソゲキ』をご覧になっていたそうです。『ミソゲキ』という企画が「対ゲキ」チームの縁を取り持った、そんな風にも言えそうです。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6


ピックアップ記事

ニュース用未選択
東京芸術祭の総合ディレクターに宮城聰

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ