制作ニュース

「せんだい短編戯曲賞」綾門優季が二度目の大賞受賞

15.10/30

「第3回せんだい短編戯曲賞」綾門優季が二度目の大賞受賞

上演時間60分以内の短編作品を公募した『第3回せんだい短編戯曲賞』の最終選考結果が発表され、大賞に『不眠普及』作:綾門優季氏(あやとゆうき/Cui?主宰・青年団演出部/24歳)が選ばれた。副賞として50万円が授与される。尚、来年1月11日(月・祝)には本賞の授賞式と大賞作品のリーディング(朗読劇)公演が行われる。会場はせんだい演劇工房10-BOX、要申込(先着順)入場無料。

関連リンク⇒ せんだい短編戯曲賞の第3回大賞作品が決定しました

第3回となる今回は計206作品が集まった。大賞を受賞した綾門優季氏は第1回に続いて2度目の大賞受賞(第1回は横山拓也氏とのW受賞)。選考委員は日本各地の制作者・プロデューサーが務め、岡田康之氏(新潟/りゅーとぴあ)、木元太郎氏(東京/こまばアゴラ劇場)、平松隆之氏(名古屋/うりんこ劇場)、相内唯史氏(大阪/インディペンデントシアター)、澤藤歩氏(神奈川/KAAT神奈川芸術劇場)の5名。ディレクターは森忠治氏(仙台/トライポッド)。

なお、大賞作品及び最終候補作品9篇は、一冊の本として出版が予定されている(2018年1月予定)。

【こちらもチェック!】
「第3回せんだい短編戯曲賞」最終候補作品一覧


ピックアップ記事

公募
「TPAM2019」長期インターン募集

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ