制作ニュース

公による若手支援の現場とは? 芸劇でシンポジウム

15.08/20

,

岩井秀人、徳永京子、相馬千秋ほか登壇、「東京演劇大学連盟」が“公による若手支援”をテーマにシンポジウム開催

演劇の実技教育を担う、都内5大学による「東京演劇大学連盟」は、演劇界における“公による若手支援”をテーマにシンポジウム「新進演劇人育成の現場『カモン』!」を開催する。日時は9月14日(月)16時30分~19時30分、会場は東京芸術劇場シアターイースト。参加費無料、要事前予約。  

⇒ シンポジウム 新進演劇人育成の現場『カモン』!

同シンポジウムは、東京芸術劇場シアターイーストで行われる演劇系大学共同制作Vol.3『カノン』(作:野田秀樹、演出:野上絹代、出演者/スタッフ:共同制作公演オーディション合格者60名)の公演期間中に開催される。“公による若手支援”が演劇界における“今日的な状況”のなか、演劇系大学とその連携について、現状と課題を現場から見つめるという。

<シンポジウム内容>
●基調報告 木佐貫邦子(総合司会)

●第一部 
[今日の演劇界とこれからの大学演劇教育〜演劇系大学出身演劇人が語る〜]
野上絹代氏×岩井秀人氏 聞き手:徳永京子氏

●第二部
[今日の演劇界と若手支援プログラム〜演劇プロデューサーが語る〜] 
徳永京子氏「東京芸術劇場芸劇eyes の取組み」
楫屋一之氏「世田谷パブリックシアター ネクスト・ジェネレーションの取組み」
相馬千秋氏「F/T / 急な坂スタジオ r:ead の取組み」
聞き手:松山立氏

●第三部
[登壇者全員と観客による質疑応答]  

<東京演劇大学連盟(2013年設立)>
桜美林大学総合文化学群演劇コース/玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科/多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科/桐朋学園芸術短期大学演劇専攻/日本大学芸術学部演劇学科

【こちらもチェック!】
◇ 2015年2月公演「ネクスト・ジェネレーション」
◇ 2015年7月公演「芸劇eyes」
◇ フェスティバル/トーキョー15 
◇ レジデンス・東アジア・ダイアローグ「r:ead」 


ピックアップ記事

セミナー
「演劇関係者のためのバリアフリー講座」開催

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ Nextのチラシ宅配サービス「おちらしさん」 今ならスタート割引価格! お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!