制作ニュース

スイッチ総研を採択「おおさかカンヴァス推進事業」

15.08/04

スイッチ総研ほかを採択、「おおさかカンヴァス2015 たたかう芸術祭」公募結果を発表

公募アーティストが大阪の町中で作品発表を行う 「おおさかカンヴァス2015 たたかう芸術祭」(主催:大阪府/会期:10/3~18)は、公募の採択結果を発表し、「スイッチ総研」ほか8件のアーティスト・団体が採択された。

⇒ おおさかカンヴァス推進事業 「おおさかカンヴァス2015 たたかう芸術祭」(公式ページ 下部に採択プロジェクト一覧あり)

同催事は、大阪のまちをアーティストの発表の場として「カンヴァス」に見立て、大阪の新たな都市魅力を創造・発信しようとするもので、平成22年度からスタート。これまで河川や道路、公園などあらゆる公共空間で作品発表を行ってきており、今年度は中之島・御堂筋・道頓堀及び水の回廊での作品発表を対象に、「これまで採択の少なかったパフォーマンス作品を特に歓迎します」と、制作支援上限500万円にてアート作品の公募を行った。これに対して113件の応募があったという。

「スイッチ総研」(光瀬指絵[ニッポンの河川]、大石将弘[ままごと|ナイロン100℃])の採択に関して、忽那裕樹(ランドスケープ・デザイナー)審査員は、「色んなまちで行動をしてきた彼らが、ここ大阪で、何を発見し、伝えてくれるのか。尋常ではないコミュニケーション能力の高さを持つ大阪人と出会った時に、どんな演劇へと変化して、大阪の裏の魅力に触れることになるのか。たたかってほしい」とコメントしている。

【合わせて読みたい!】
◇【特集】「スイッチ総研」が渾身の“演劇の力”を発揮。密着レポート「六本木アートナイトスイッチ」は×∇〇だ!?

【こちらもチェック!】
◇ 「おおさかカンヴァス推進事業2015」公募の特別サイト


ピックアップ記事

大賞は山口大器、「第9回九州戯曲賞」発表

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ