制作ニュース

【新潟のイメージアップと芸術文化の向上に貢献】ダンスカンパニー「Noism」が、りゅーとぴあとの専属契約を更新

11.10/22

振付家・ダンサーの金森穣氏が率いるダンスカンパニー「Noism」は20日、記者会見を行い、4期目となる新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)との専属契約の更新を発表した。

同カンパニーは、金森氏が新潟市民芸術文化会館の舞踊部門芸術監督に就任した2004年春に設立。日本初の劇場専属プロフェッショナル・ダンスカンパニーとして、新潟市を拠点として活動を展開。2008年には「Nameless Hands 〜人形の家」で朝日舞台芸術賞舞踊賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得てきた。

会見に同席した篠田昭新潟市長は、「Noismが根付いてくれるか、若干の不安もあったが、新潟から全国、世界レベルの芸術を作りだし、発信してくれた。全国に熱烈な支持者もおり、新潟の誇りになりつつある」と語り、同カンパニーが新潟のイメージアップと芸術文化の向上に大いに貢献していると賞賛した。金森氏は、「Noismがある限り、『新潟は舞踊のまち』といわれるように精進したい」と抱負を語った。

更新された新たな契約は2013年9月から7月末までの3年間。

◎関連サイト◎
Noism活動更新決定のお知らせ|りゅーとぴあ公式サイトインフォメーション

[お知らせ]
舞台制作者のためのメールマガジン[Next-news PLUS+]は、みなさんからの情報を随時募集中です!!


ピックアップ記事

ニュース用未選択
舞台公演映像の情報検索サイト「JDTA」オープン

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!