制作ニュース

4月閉館にあわせ32年間の歴史を綴る、書籍「小劇場タイニイアリス」刊行

15.04/02

1983年の開館以来、若手劇団の登竜門として小劇場演劇界を支えてきた劇場「タイニイアリス」(東京都新宿区)が、今月4月で閉館する。その閉館にあわせ、同劇場の歴史を見つめる書籍「小劇場タイニイアリス──ここは演劇の不思議の国」が、芸術新聞社より3月29日、出版された。編著は金世一氏、李知映氏、沼上純也氏。定価本体2,800円+税。

⇒小劇場タイニイアリス ──ここは演劇の不思議の国

192ページの同書では、32年分の公演チラシ1825枚をカラーで掲載するほか、坂手洋二氏(燐光群)、宮城聰氏(SPAC/ク・ナウカ)等9名の特別インタビューを収録。また、多くのゆかりの人物からのメッセージや、タイニイアリス出演者目録なども掲載されている。


【関連記事】

ピックアップ記事

公募
「第7回江戸まちたいとう芸楽祭」参加団体募集

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中