制作ニュース

制作志望者も対象、京都造形大が「ダンスゼミ&ラボ vol.3」参加者募集中

15.01/07

京都造形芸術大学舞台芸術研究センター(京都市左京区)は、講座「ダンスゼミ&ラボ vol.3~未来のダンスのためのスカラシップ~」の参加者を募集している。対象はダンサー&コレオグラファー(定員10名予定)及び、制作研修志望者(定員3名予定)。日程は1月27日(火)~3月8日(日)、会場は京都造形芸術大学内教室およびstudio21。参加費無料。募集締切は1月10日(土)。

⇒ ダンスゼミ&ラボvol.3~未来のダンスのためのスカラシップ~

同講座は2013年にスタート。ダンサー・コレオグラファーおよび、アートマネジメント人材の育成を目的として、講座(ゼミ)とワークショップ(ラボ)を行い、批評と創作が密接にリンクした環境を作っており、今回が最終回。講師は、「MAMAZA」(ヨーロッパを拠点に活動するダンスカンパニー)、橋本裕介氏(KYOTO EXPERIMENT プログラムディレクター)、森山直人氏(演劇批評家)ほかが務める。尚、初日(1/27)のプログラムは制作研修志望者のみ対象。


ピックアップ記事

アフタートーク
当事者たちのQSC(2)[主催者の視点から]

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ