制作ニュース

【講師に三浦基、松田正隆、蔭山陽太ら】「大学の劇場」を活用した総合的な舞台芸術アートマネジメント人材育成事業、参加者募集-京都

13.10/11

,

京都造形芸術大学舞台芸術研究センターは、11月から3月にかけて行われる『「大学の劇場」を活用した総合的な舞台芸術アートマネジメント人材育成事業』の参加者を募集している。参加費無料、締切は10月25日(書類審査有)。

同事業は、「真に創造的なアートマネジメント人材」の発掘、育成、教育を目的に、「大学の劇場」としての京都芸術劇場を活用して行われる広範囲なアートマネジメント講座。平成25年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」に採択されている。

カリキュラムは、
(1)制作者のためのレクチャープログラム(対象人数10名程度)
-舞台制作者のための「舞台芸術論」(全5回)
-舞台制作の「現場学」(全10回) 
(2)公演制作の実践プログラム(←こちらのみ募集開始は11月下旬予定)
(3)定期刊行物の編集プログラム(対象人数3~5名程度)
というラインナップ。

講師には、三浦基(演出家)、松田正隆(劇作家、演出家)、蔭山陽太(ロームシアター京都支配人兼エグゼクティブプロデューサー)などが名を連ねている。

受講対象は以下の通り。

・次代の舞台芸術を担うべく、これからキャリアを積もうとしている制作志望者
・すでに制作者としてのキャリアを積み、今後のスキルアップのためにさらなる知見と経験を求めている制作者
・すでにキャリアを積んだ上で、舞台芸術の新たなジャンルの知見や業務を学ぶことによって、トータルな視野を備えたリーダー的存在として飛躍を志す制作者

詳細は下記サイトを参照。

◎関連サイト◎
「大学の劇場」を活用した総合的な舞台芸術アートマネジメント人材育成事業


ピックアップ記事

セミナー
オンラインレクチャー・舞台人育成講座シリーズ

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!