制作ニュース

【最優秀賞に佐々木透と芝原里佳】日本劇団協議会実施「『日本の劇』戯曲賞2013」最優秀賞受賞作品決定

13.09/19

,

公益社団法人日本劇団協議会が実施する『「日本の劇」戯曲賞2013』の最終選考委員会が13日(金)に行われ、佐々木透作『家族の休日』と芝原里佳作『マッシュ・ホール』の2作品が最優秀作品に選出された。

「日本の劇」戯曲賞は、現在の日本演劇界を担う演出家が選考委員を務め、最優秀賞に選ばれた作品は必ず上演される戯曲賞。『文化庁委託事業「平成25年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」日本の演劇人を育てるプロジェクト』の一環として実施、応募資格は問わず幅広く募集している。最終選考委員は、上村聡史氏、土田英生氏、原田一樹氏、宮田慶子氏、森新太郎氏の5名が務めた。今回は最優秀賞に2作品が選出されることが事前に公表されていた。

最優秀賞受賞の正賞である作品上演は、下記日程を予定している。
・『家族の休日』2014年3月14日(金)~19(日) 会場:恵比寿・エコー劇場
・『マッシュ・ホール』2014年6月以降

なお、副賞として賞金10万円が贈呈される。

◎関連サイト◎
「日本の劇」戯曲賞2013 最優秀賞決定!|公益社団法人日本劇団協議会


ピックアップ記事

レポート
新国立劇場来シーズンラインアップ発表

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ